ハロプロってながいぜぃ・・・Blog

狼(ハロプロ)をまとめるブログです




ブログのコメントで議論するのはいいのですがあまりに過激な発言は控えてください
良くないコメントは消去していますのでコメント番号がずれることがあります

カテゴリ: BEYOOOOONDS

ダウンロード (21)

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2019/02/05(火) 08:04:14.31 0
中学生の頃
帰国子女のお友達と
英語でお話をしたいと思ったのと、
学校の授業が
とっても面白かったのがきっかけで
英語の勉強が好きになりました!

最近は、通話アプリを使って
外国の先生と会話が出来るという
画期的なシステムもあり、
母に「やりたい!」とお願いして
スピーキングを学んでいました😆

その通話アプリを使用した英会話では
ネイティブでない先生の場合が多く、
「英語が第2ヶ国語」という
生徒との共通点があります。

そのため、英語の勉強の仕方、
読みやすい本、聴きやすい洋楽などを
同じ目線からアドバイスを頂けるので
英語を学ぶには最高の環境です!


特に英語を積極的に勉強して
良かったことは
アメリカでは研究されているけれど、
日本ではまだ研究されていない
分野の情報を
英語で調べて、現地の文献が読めること!
(難しいものは読めませんが…😅)

スマートフォンには
辞書機能もあるので
知らない単語を調べながら読むのも
勉強になります。


英語の曲を聴いたり、文を読んだり、
映像を見たりするのが好きですが
あくまで、「好き」で
「得意」ではありません💦

英語が得意!と
言えるようになりたいです。

目指せグローバルなアイドル

https://ameblo.jp/beyooooonds/entry-12437826765.html

続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2019/01/31(木) 20:01:54.05 0
母と「フェルメール展」へ行きました!
no title


昔から、母と美術展に行くのが好きで
気になる美術展が開催されると
よく行くのです。


今回の美術展で展示されている
ヨハネス・フェルメールは
1650年あたりに生きていた画家だそうで
音楽でいうと、バロック時代にあたります。

日本でいうと江戸時代前半あたり、
徳川家綱が四代将軍になった頃だそうで…

なんだか思ったより
最近に感じられるような
感じられないような…


ピアノの先生が仰っていましたが
フェルメールの時代の絵は
光と陰のコントラストが
はっきりと描かれているのが特徴で

同じ時代の音楽も
メロディーと通奏低音(伴奏)の
違いがはっきりしているのだそうです。

そうなのです。
美術と音楽は、共通していることが
多いのです。
美術作品が作曲家にインスピレーションを
与えることが多かったのだと思います。
また、その逆もあったのでしょうか。

私はモーツァルトやベートーヴェンなど
古典的な音楽が好きですが
同様に、美術でも
その時代の絵画が好きです。

美術は詳しくないので
画家などはあまり分かりませんが、
今まで行った美術展では
マリーアントワネット展が
とても印象に残りました。

私は、音楽の好みと美術の好みは
共通していると思うのですが、
皆さんはどう思いますか?

続きを読む

↑このページのトップヘ